So-net無料ブログ作成

人形展示「小野塚小町」 [展示]

 こまっちゃん、できた。
20091011-01.jpg
微妙に細かなデザインなので、それなりに大変でした。しかし、いつにない達成感がある。もちろん出来栄えとは全く関係無いけど。

 右斜めから。
20091011-02.jpg
着物、というか、何だろうなこれは。袖の無い着物?単純に着物から袖を取った構造にしているので、肩の部分がやや張り出しています。着物の下に着ているものが、また不思議な構造で、衿は和服なのに、袖は洋服なんですね。

 後ろから。
20091011-03.jpg
帯の締め方は、原作の設定が分からないので、着物の着付けのページを探して、それっぽいものを選んでみました。

 もう一枚、後ろから。
20091011-04.jpg
髪を考慮しないで左手の向きを決めたものだから、鎌を持たせると指と手首に無理がかかる。とは言え、持たすことができるのは、軽量粘土ならではの柔軟性のおかげです。1年ぐらいするとヒビが入るかもしれませんけど…

 左横から。
20091011-05.jpg
鎌の刃は、アルミホイルの表と裏を使い分けて、模様が見えるようになっています。

 頭の飾り。
20091011-06.jpg
原作の絵だと、球と髪がほとんど同じ色なので、ここでは球の方をメタリックにしてみました。あと、前髪はシート状に固めた粘土から切り出してみたので、やや平べったくなっています。

 胸元。
20091011-07.jpg
衿の周りの×は糸で縫ってあります。あと注目すべきは、幻想郷最大(?)の胸。服を着せるのがすごく大変でした。ほとんどが無乳~貧乳のキャラなので助かります。

 帯の飾り。
20091011-08.jpg
一文銭だから、もうすこしくすんだ色にすべきだったのかな。着付けに手間取って、あれこれいじっていたおかげで、帯から下の部分が、かなり毛羽立っています。

 スカートの飾り。
20091011-09.jpg
着物の衿と同じで、糸で縫ってあります。4mmぐらいの間隔なので、たまに破れて、裏から紙を貼り合わせたりした。

 下駄。
20091011-10.jpg
舞妓下駄のようなものでしょうか。だらしない感じにするために、余裕のあるサイズにしてみました。

 ぱんつ。
20091011-11.jpg
股間の間隔が狭かったので、ややシワがよっています。

 上司とツーショット。
20091011-12.jpg
身長が頭一つ分ぐらい違います。ちなみに、私が採用している身長設定では、小町と美鈴が同値で最長。

 製作途中。
20091011-13.jpg
大きい胸は普段作りなれていないから、形や位置がこれでいいかどうかわからない。重ね着にするから、細かいところはどうでも良いのですけどね。

 連休一日残して完成したのは良かった。どうせ明日も暇なので、次の人形に着手できる。というか、接着剤の乾燥待ちの間に、スケッチは起こしてあるので、既に製作は始まっていると言える。
タグ:人形 東方
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

鉄鉄仁

こまっちゃんの陽気さが出ている感じで良いですね~
ツーショット時の身長差が絶妙な感じもw
小町も何気に衣装に細かい刺繍や小物を使っていますよね。
それと見せ場(?)の胸回りの表現もいいですね
思わず上から覗き込みたくなりますねwww
by 鉄鉄仁 (2009-10-18 06:37) 

cyanide

胸元の部分は、和服っぽい作りなので、それでなんとか作れたのかもしれません。洋服だとさすがに立体的にしないと、どこかで破綻すると思います。あとは、下駄がぴったりはまったのは、少しうれしかった。
by cyanide (2009-10-18 18:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます