So-net無料ブログ作成

人形展示「鍵山雛」 [展示]

 ヒナできた。
20091227-01.jpg
残念ながら、クリスマスには間に合いませんでした、というか、間に合わせようという気力が無かった。地味なようでいて、実はいろいろと手間のかかるデザインであることが判明して、予想以上に時間がかかったというのもあります。

 少し右から。
20091227-02.jpg
厄介な点は、1)フリル付きのリボン、2)後ろから前につながる髪、3)衿、4)手のポーズ、5)スカートの模様、6)スカートの@模様、7)ブーツ、と盛り沢山です。手については、このポーズにすると脇がしまるので服を着せるのが大変だから。

 後ろから。
20091227-03.jpg
腰のまわりを、もう少しすぼめた方が美しい。体のパーツを採寸して、服の型を起こしているわけではないので、どうしても余裕を持たせた寸法にしてしまう。衿の長さはこのぐらいで良いのだろうか?ひょっとしたらセーラー服のように垂れているのかもしれないけど、面倒なので調べなかった。

 リボン。
20091227-04.jpg
原作の絵を見ると、何か模様のようなものが見えます。例によってpixivなどでリサーチしましたが、特に統一された見解は無いらしい。なんとなく*#*#な感じに見える。ふと思ったのは、呪文か何かではないかということ。呪文というとルーン文字。というわけでルーン文字を適当に並べてみました。

 衿まわり。
20091227-05.jpg
糸を通す箇所は、紙を厚めにして、破れないようにしています。

 厄。
20091227-06.jpg
製作を意識していないときは単なる渦巻きマークかと思っていました。いざ作るとなるとじっくり見るわけですが、なるほど「厄」の文字であったかと。左下を×で縫い付けてあるということから、厚みのあるパーツが良いだろうと思い、絵の具を練りこんで薄く延ばした粘土から切り抜いて作りました。あと、スカートの模様は、フラクタルではないかと思ったけどどうだろうか?

 ブーツ。
20091227-07.jpg
とにかく、紐を編み上げるのが大変だった。下の写真は、作業の様子。ピントが合っていないのでわかりづらいですが、細い針金をV字に曲げて、糸をはさんで縫い針のようにして、それをピンセットで穴に通しました。
20091227-09.jpg

 例によってスカートの中。
20091227-08.jpg
パンツにピントが合っていませんが、いつもの白。ブーツは足の太さに対してかなり余裕があるので、ブーツというより長靴みたいな感じになっています。スカートの裾が長すぎたので、都合よく隠れている。

 というわけで、本年はこれにておじゃんです。パチパチパチ。風神録は、これでちょうど半分です。しかし、一年の締めくくりが厄神様というのはどんなものだろうか。とりあえず、良いお年を。
タグ:人形 東方
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

弾幕ツリー2009新年挨拶 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます