So-net無料ブログ作成

火焔猫燐 [展示]

 お燐できた。
20100424-01.jpg
さすがに一輪車(猫車)はかさばるので省略。

 正面から。
20100424-02.jpg
服は腰周りに余裕を持たせすぎたので、もさっとした感じになっている。お燐の服はタイトな感じだと思うので、ちょっと違うか。あと上下がつながっているので、やはり腰周りに歪が出てくる。
服の模様はこちらのサイトの09/09の記事と、そのページの作者がpixivに投稿した絵を参考にしました。と言っても、緻密な塗りができなかったので、せっかくの詳細な図案を生かしきれていない。

 横から。
20100424-03.jpg
お腹のあたりの服のだぶつき具合が目立つ。しわをよせてごまかしてはいるのだけど…

 後ろから。
20100424-04.jpg
三つ編みが出ている部分は、正しくないような気がしてきた。頭から直接生えているような感じでよかったのかもしれない。

 左手のドクロ(人魂?)
20100424-05.jpg
頭蓋骨を粘土で作り、着色した透明粘土(久々に使う「すけるくん」)で覆っています。

 頭蓋骨
20100424-06.jpg
人魂に成型したのとは別の骨。この手のパーツは最初から2、3個作って、比較的良さそうなのを使う。

 服の模様
20100424-07.jpg
手で描いたところは、雑な仕事がばればれ。脇の模様は紙を切って貼り付けてある。右側には付いていない。本当は付いているのかな?あと、服の地の色はアクリル絵具じゃなくて、墨汁でつけてあります。墨の方がしっかりとした黒になる。

 足。
20100424-08.jpg
ふくらはぎのリボンは、紙を切り抜いて作った。めんどくさい。

 ぱんつ。
20100424-09.jpg
水色にしてみました。

 地霊殿組みは机の下で展示中。
20100424-10.jpg
ここに8つ並べると、少し窮屈かもしれない。

 というわけで、地霊殿も残り半分。
タグ:人形 東方
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

古明地さとり水橋パルスィ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます