So-net無料ブログ作成

多々良小傘 [展示]

 小傘できた。
20100926-01.jpg
構造上、机の上に置いて撮影することが困難であったため、空中に吊るして撮影しました。一説にはこちらが本体であるとされる傘が、圧倒的な存在感を示しています。人物の配色が緑系統のみで地味に抑えられているのも、それを暗示しているのでしょうか?それにしても、こんなにかさばるものをどうやってツリーに飾るのか?(当サイトの人形はクリスマスツリーのオーナメントが主たる用途です)

 少し下から。
20100926-02.jpg
体と腕を別々のパーツで作り、服を着せるときにパーツを接着しています。これは今までになかったケースですが、両手で1本の棒をつかむというポーズが、一番の難所となりました。仮組みの際に、手の握りを上から覗き込んで、上下で軸線がつながるように、肩と手首の曲がりを調整しました。あとは、傘をなるべく立てて持たせるために、左腕が体の前に伸びています。このために、左の袖が引っ張られて、肩のところで寸が足りず、貼り合せるのが大変でした。こういう姿勢では肩が少し前に出るということに後から気づき、関節の動きをもう少し調べるべきだと思った次第です。

 横から。
20100926-03.jpg
傘の舌は、もう少し垂らした方が自然でしょうか。ただ、あまり下げると見る向きによっては人形の顔にかかるので、造形としてはこの方が無難です。

 後ろから。
20100926-04.jpg
髪の後ろ側は、はっきりしたイメージが無いまま、ぼーっと作っていたらこうなったという感じです。船長よりは少し長めにしておこう、という程度の考えはありました。下駄は普通の構造です。

 傘。
20100926-05.jpg
舌は人形本体と同じ軽量粘土。傘の内側は特に補強していませんが、舌を接着しても問題ありません。

 上半身アップで。
20100926-06.jpg
一応、目の色は左右変えています。

 スカートの中。
20100926-07.jpg
パンツは白です。淡い青か淡い黄色でも良かったかも。縞は違うな。

 せっかくの空中撮影なので、他の人形を背景に。
20100926-08.jpg
小傘を含めて傘を持ったキャラ3体が写っています。小傘といいつつ、一番大きい。

 傘を接着する前。
20100926-09.jpg
「お前ら表へ出ろ」

 先週は休みが2日余計にあったので、木曜には完成していても良かったのですが、なかなか思うようにいかないものです。1週間分の気力に上限があるのかもしれません。それにしてもようやく涼しくなって、こういう工作をするには良い季節です。空調を効かせたのと、外気温が低いのは同等では無いように感じます。窓や壁面からの赤外線の輻射とかが関係しているのだろうか?
タグ:人形 東方
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

村紗水蜜聖白蓮 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます