So-net無料ブログ作成

豊聡耳神子 [展示]

 神子様できた。
20111127-01.jpg
予想通り、作るの大変だった。刀とか帯の装飾が細かいので、途中、どうやって作っていけばよいのか、考えがまとまらないことが多かった。あと、元の絵の解像度では腕輪の細工などがよくわからないので、かなり適当です。例によってpixivの投稿を参考にしたりもしました。

 正面から。
20111127-02.jpg
笏が中心に来てしまうので、正面からだと顔が隠れる。原作の絵の左手の形について議論があるようですが、確かに絵の通りだと不自然なので、勝手に作りやすいポーズに変えました。

 左側。
20111127-03.jpg
耳のあれはヘッドフォンだとして、大きさからするとバンドがあるはずです。頭の上を通っているようには見えないし、後ろに通すのも位置をどうしてよいか決めかねるので、とりあえずバンドは無しで。

 右側。
20111127-04.jpg
「和」の対になる文字としては、やはり「貴」でしょう。というか、ネット上の考察を確認しましたけどね。

 後ろ。
20111127-05.jpg
襟はもう一回り大きくても良かったでしょうか。腰まわりの帯を締め上げているというのもありますが、背中に細かいシワが寄りすぎる。

 上から。
20111127-06.jpg
謎の髪型。鉄拳にこういう頭のキャラがいたような。

 腰周り。
20111127-07.jpg
拡大すると装飾品の作りの適当さがわかってしまいますが、作る時間は結構かかっています。花の飾りのように厚めのものは本体と同じ粘土。剣をつるす帯の<<の模様は、1枚1枚貼り付けて作ってあります。

 スカートの裾。
20111127-08.jpg
内側の服の裾のパターンはランダムに切り抜いてあります。

 サンダル。
20111127-09.jpg
作っているうちに、サンダルと気づいたので、足の部分がサンダルの底と一体化しております。

 スカートの中。
20111127-10.jpg
暗くてパンツ見えない。一応白です。

 部下(?)の方々と。
20111127-11.jpg
これでワンセット。今年のツリーの目玉。昨年からの増加が今現在+5体なので、あまり変化が無いとも言える。予定ではあと1体だけど、週末が一回つぶれる予定なので、やや厳しい。
タグ:人形 東方
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

蘇我屠自古霍青娥 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます