So-net無料ブログ作成

人形展示「八坂神奈子」 [展示]

 八坂様できた。
20100117-01.jpg
1月も半ば過ぎてしまいましたので、正月気分とはほど遠いですが、年の始めとしては良い選択ではないかと。後ろの注連縄はスーパーで買ってきた正月飾り(御威光が…)。どう見てもクリスマス用の飾りではありません。

 やや右から。
20100117-02.jpg
右手のポーズは原作の画像を参照。神様も印を結ぶのかな?上着の丈が中途半端に長いような気もします。ウェストの余裕が無いのもいけないのか。

 真横から。
20100117-03.jpg
胸のサイズ大きめ。そのおかげで胸元の飾りの座りが悪い。原作の絵の雰囲気を出すように、髪のボリュームは十分にしたつもりです。上着の裾を調整するために、両脇に後からスリットを入れました。

 後ろから。
20100117-04.jpg
髪の存在感が引き立ちます。運よく自立してくれたので、撮影が楽。

 髪の飾り。
20100117-05.jpg
モミジとイチョウ。

 胸元の飾り。
20100117-06.jpg
鏡のトゲトゲとか、縄の房とか、どれも原作の絵より大ぶりになっています。意図したわけではなくて、適当に作っていたらそうなってしまっただけ。

 袖のパーツ。
20100117-07.jpg
目的のよくわからない装具ですね。ボタンらしきところは、さすがに細かすぎる、というか面倒なので、油性ペンで描いた。

 スカートの模様。
20100117-08.jpg
鱗模様(正式には青海波と言うのかな?)の抜けた部分が梅になっている。原作の絵から推定しているので、これでよいかは不明。模様は銀と赤の混合でつけています。梅の輪郭を薄く描いてから、その間を鱗で埋めていった。結構疲れた。

 草履。
20100117-09.jpg
鼻緒はさておき、草履本体はさすがに紐を編んで作り上げるのは面倒だったので、ボール紙にしました。

 例によってスカートの中。
20100117-10.jpg
暗くて見えません。パンツの色を黒にしたので、よくわからないですね。

 注連縄の着脱機構。
20100117-11.jpg
後方からの写真のところでお気づきだったかもしれませんが、注連縄は磁石で着脱可能としてあります。ネオジム系の強力磁石です。一体化させてしまうと、吊るして飾るための人形としては少々重くなるので、念のために分離できるようにしておきました。

 作業が遅れ気味だったけど、月の半ばに完成してよかった。次は小さいほうの神様あたりかな。
タグ:人形 東方
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

むねきち

おお、すごい!かわええ!
by むねきち (2010-01-17 16:09) 

cyanide

むねきちさん、はじめまして。
うちのは独特な作りの人形なのですが、かわいく見えましたか!今後のはげみになります。
by cyanide (2010-01-19 22:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

新年挨拶人形展示「洩矢諏訪子」 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます