So-net無料ブログ作成

人形展示「洩矢諏訪子」 [展示]

 ケロちゃん、できた。
20100130-01.jpg
帽子のデザインに眼を奪われますが、全体のデザインは比較的シンプルです。しかしながら上半身は、例によって和服なのか洋服なのかよくわからない構造で、その辺りの迷いのために服の細部の詰めが甘くなりました。

 やや左から。
20100130-02.jpg
レフ板(アルミ箔)で下から光をあてたので、奇妙な光線の具合になってます。袖口は、和服の構造にならえば、下側を閉じるべきですが、後から気づいたので面倒だからそのままにしておいた。服の淡い紫は、原作のイメージに近いと思う。

 右から、顔のアップ。
20100130-03.jpg
紐を結んだ髪の部分は別パーツにして後付け。後ろの髪は、シートにして乾燥させた粘土から短冊状に切り出したものを並べた。

 後ろから。
20100130-04.jpg
上着は正面に継ぎ目が無いので、後ろでつなげた。両脇の糸で編んだ箇所は、服を着せる際に縫うことができないので、予め縫ってつなげておいた。背中側はカエルの模様無し

 帽子を取った状態。
20100130-05.jpg
服の模様のおかげで、誰だかは判別できる。

 帽子。
20100130-06.jpg
元ネタWikiによると市女笠(いちめがさ)とのこと。本物の市女笠は先がとがっているので、ちょっと違う。目玉の間隔を整えるために、頂部を広げたのだろう。素材はもちろん和紙。目玉は粘土。継ぎ目に出来た隙間を埋めたペーストの仕上げが下手で汚い。

 カエルの模様(その1)
20100130-07.jpg
原作の絵よりも鳥獣戯画を参考にしています。服に直接描くのは大変なので、薄い紙(半紙)に描いてから貼り付けました。

 カエルの模様(その2)
20100130-08.jpg
描いたのをカッターで切り抜いたわけですが、小さいし紙は薄いしで、こうして拡大すると粗が目立つ。

 ぱんつ。
20100130-09.jpg
ドロワの方が良いかな、とも思ったけど、ちょっとイメージと違うと感じて、普通のパンツにした。まあ、こっちのほうが楽なわけですが。

 「もりやけ」集合。
20100130-10.jpg
これで風神録の体裁は整いました。諏訪子様は神奈子様より、頭一つ分ぐらい小さい。

 あと2体。詳細な絵の無い、リリーとかはスルーしたのですが、椛は作っておきたい。個人的には、にとりが好きなので、少し気合を入れよう。気合を入れれば出来が良くなるわけでは無いのですけど...
タグ:人形 東方
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

十支

かわいいですね~諏訪子、しかしうまいなぁ。
by 十支 (2010-05-21 00:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます